最新情報

日米越3カ国協力会合・東京ラウンドを主催しました  New!

7月8~9日、東京における日米越協力会合をRIPSが主催しました。(英語記事)
" RIPS Hosts  the Fourth Japan-U.S.-Vietnam Conference on Trilateral Security Cooperation "

 
 RIPS' Eye   最新記事のお知らせ

No.182 (2014年7月7日)
日韓安全保障協力の展望 」 (道下 徳成 氏 / 政策研究大学院大学 教授)

 
 Monthly Seminar   2014年度 第4回 月例研究会

【日時】 2014年7月23日(水) 18:00~20:00
【場所】 平和・安全保障研究所 会議室   ※ < 地図
【題目】 "U.S. Expectation of Japan's New Security Role"(仮)   ※英語による講演です
【講演】 Dr. Sheila Smith ( Senior Fellow for Japan Studies, Council on Foreign Relations)

※ 詳細とお申込みはこちらから → 【 第4回月例研究会  / お申込み期間:7月8日(火)~22日(火)

 
西原 正 理事長 がNHKのインタビューに答えました

インタビューの様子は下記、"NHK WORLD" ホームページにてご覧いただけます。
" China Joins US-led Exercise " (2014年6月27日放送)
  ※ 本動画の著作権は日本放送協会に存します。
  ※ 動画の閲覧環境に関するお問い合わせには応じかねます。
  ※ インタビュー内容の詳細につきましてはお答えしかねます。何卒ご了承ください。

 
 Nishihara Column  最新記事のご紹介

日本外交の株は上がった-シャングリラ・ダイアログに出席して-」 (2014年6月23日)
正論 「 中韓こそアジアで孤立している 」 (産経新聞、2014年6月19日、朝刊第7面)

 
<イベント報告> 2014年 春季公開セミナー: ウクライナ問題と日本の安全保障政策

2014-05-27 16.44.49.jpg

 2014年5月27日(火)、新潟県立大学教授の袴田茂樹教授を講師にお招きし、春季公開セミナーを開催しました。当日の模様につきまして、下記のページにてご紹介致します。

 < 2014年 春季公開セミナー 当日の模様 >


RIPS' Eye No.178 (2014年5月8日)

添谷 芳秀 氏 (慶應義塾大学 教授)
 「日韓関係の光と陰-なぜ今首脳会談が必要か」
 
 今、日韓関係は、1965年の国交正常化以降最悪の状態にあるといわれる。2012年8月に李明博大統領が、韓国の大統領として初めて竹島に上陸したことが重要な転換点となった。大統領の天皇に関する発言も相まって、日本側では「もうこれ以上韓国に配慮を...
詳細はこちら

RIPS' Eye No.179 (2014年5月12日)

神谷 万丈 氏 (防衛大学校 教授)
 「積極的平和主義の実践による
                  日米協力の促進を」
 先頃のオバマ米大統領によるアジア歴訪の最大の成果は、日米が、最近両国間に目立っていたきしみを乗り越えて同盟強化を再確認し、しかもそれを、さまざまな具体的政策やコミットメントにより裏付けてみせたことだ。大統領に、中国との関係を損ないたくないとの...
詳細はこちら

RIPS' Eye No.180 (2014年5月12日)

武蔵 勝宏 氏 (同志社大学 教授)
 「集団的自衛権の行使には厳格な文民統制を」
 
 安倍首相は自らの私的諮問機関である安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会からの報告を受け、今夏までに集団的自衛権をめぐる憲法解釈変更の閣議決定を目指すとされている。2012年の総選挙では、自民党の政権公約に「集団的自衛権の行使を...
詳細はこちら

RIPS' Eye No.181 (2014年5月12日)

六鹿 茂夫 氏 (静岡県立大学 教授)
 「日本はウクライナの民主化・経済発展支援に
                      一層の貢献を」
 5月2日、ウクライナ南西部の美しい古都オデッサで、親露派集団と親ウクライナ集団が衝突し40人以上の死者が出た。ウクライナ東部では、4月7日以降親露派武装集団による行政庁舎の占拠が相次ぎ分離主義運動が高揚していたが、同運動が遂に南西部にまで...
詳細はこちら

Nishihara Column
最新のコラムへ
RIPS'Eye
RIPS'Eye最新の記事へ
Nishihara Column
Policy PerspectivesPolicy Perspectives/政策提言詳細はこちら
   
Fellowship Program
Fellowship Program奨学プログラムについて詳細はこちら
   
Corporate Member
法人会員プログラムの情報です。詳細はこちら
 
Monthly Seminar
最新のセミナーへ
Join us
Join us会員についての情報のページです。 会員のページへ