MENU
閉じる

イベント EVENTS

ホーム > 月例研究会

月例研究会(招待者限定)

 ⽉例研究会は、原則として毎⽉1回、第⼀線の研究者や実務家の講演とご参加の皆様との質疑応答を通して、その時々の重要な外交・安全保障問題に関する理解を深める機会として実施しています。

メール会員のお知らせ

2017年4月より、月例研究会への参加は原則として招待者のみとさせて頂きます。
招待は、①賛助会員(個人・法人)、②メール会員等※の皆様にメールにて行います。
RIPSメーリングリストによるイベント案内及び郵送による案内状をもって月例研究会へのご招待とさせていただきます。
ご理解の程よろしくお願いいたします。
※メール会員(年会費等はかかりません)は、①既にRIPSメーリングリストに登録されている方、②新規に申込されメール会員として登録手続が完了した方になります。

第三回 月例研究会「歴史の中の日米関係」

「歴史の中の日米関係」
日 時 2018年6月29日(金)18:30~20:30
※今年度より開始時刻を変更しました。
※18:30以降は裏口からご入場ください
場 所 平和・安全保障研究所 会議室
(東京都港区赤坂1-1-12 明産溜池ビルディング8階 ※地図はこちら)
題 目 「歴史の中の日米関係」
講 演 村田 晃嗣 氏(同志社大学法学部 教授)
【略歴】
同志社大学法学部卒業。1995年神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。1998年神戸大学博士(政治学)。この間1991~95年米国ジョージワシントン大学留学。広島大学講師、助教授等を経て、現在同志社大学教授。2013年4月~2016年3月31日同大学学長。日本放送協会(NHK)経営委員。読売論壇新人賞・優秀賞、アメリカ学会清水博賞、サントリー学芸賞、吉田茂賞受賞。主要著書に、『大統領の挫折─カーター政権の在韓米軍撤退政策』(有斐閣、1998年)、『レーガン─いかにして「アメリカの偶像」となったか』(中央公論社、2011年)、『銀幕の大統領ロナルド・レーガン -- 現代大統領制と映画』(有斐閣、2018年)など多数。
参加費 賛助会員(法人・個人):1,000円 (学生は500円)
メール会員:2,000円(学生は1,000円)
※賛助会員(法人・個人会員)は当研究所の会員制度に登録の上、今年度の年会費をお支払い済みの方が対象です。賛助会員(法人・個人会員)制度についてはコチラ→「賛助会員入会のご案内」)

※会費は千円札をご用意の上お支払いいただきますよう、お願い致します。

 

※注意事項
・当会での講演・討論内容および資料につきましては⾮公開とさせていただいております。何卒、ご了承ください。
・招待者でない方の参加は、余席の有無に関わらずお断りしております。何卒ご了承ください。
・会員でない方は新たにメール会員登録を済ませた上でお申込みください。
・お申込み後、急遽ご参加が叶わなくなりました際は、当日の15:00までに問い合わせ先の電話番号までご連絡いただきますようお願いいたします。
・会場定員に限りがあるため、大変恐縮ながら、先着順に40名様までのご案内とさせていただきます。満席になり次第、キャンセル待ちとさせていただき、余席が発生した場合のみ、キャンセル待ちの方へご連絡を差し上げます。(ご連絡がない場合は「余席なし」とご理解ください)


お問い合わせ
一般財団法人 平和・安全保障研究所
月例研究会 担当:三百苅(サンビャクガリ)
【TEL】03-3560-3293 (平日10:00~17:00) 【E-mail】rips-info@rips.or.jp