MENU
閉じる

イベント EVENTS

ホーム > 更新情報 > 2022年3月29日(火)第11回月例研究会「ロシア・ウクライナ戦争をめぐる米欧の対応」 

2022年3月29日(火)第11回月例研究会「ロシア・ウクライナ戦争をめぐる米欧の対応」 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年度第11回(通算第177回)月例研究会(オンライン開催・Zoomを使用予定)

 「ロシア・ウクライナ戦争をめぐる米欧の対応」

 講師:東野 篤子 氏(筑波大学人文社会系 准教授)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】2022年3月29日(火)18:30 – 20:00

【申し込み】https://rips-seminar-0329.peatix.com

【HP】https://www.rips.or.jp/

◆テーマ 「ロシア・ウクライナ戦争をめぐる米欧の対応」

◆講師

 東野 篤子 氏(筑波大学人文社会系 准教授)

(講師略歴)

 筑波大学人社系国際公共政策専攻准教授。慶應義塾大学法学部卒業、慶應義塾大学大学院修士課程修了、英国バーミンガム大学政治・国際関係研究科博士課程修了(Ph.D)。OECD日本政府代表部専門調査員、広島市立大学国際学部准教授などを経て現職。  専攻は国際関係論、ヨーロッパ国際政治。主な関心領域は、EUの拡大、対外関係、国際統合理論。  著書に、『解体後のユーゴスラヴィア』(共著・晃洋書房、2017年)、『共振する国際政治学と地域研究』(共著・勁草書房、2018年)等、訳書に『ヨーロッパ統合の理論』(勁草書房、2010年)。平和・安全保障研究所研究委員。日米パートナーシップ・プログラム通算第13期。

◆開催方式
オンライン(使用ソフト:Zoom)

◆参加費
一般・メール会員:2,000円
賛助会員(個人・法人):1,000円
学生(大学・大学院・高校):1,000円

※参加をご希望の方は下記URLよりお申し込みと決済をお願いいたします。
決済と同時にZoomのミーティングIDとパスワードがメールで通知されます。

【申し込み】

  第11回月例研究会申し込みページはこちら

※これまで利用しておりました決済サービス(イベントペイ)のシステム点検の影響で、決済サービスをPeatixに変更しております。ご了承いただけますと幸いです。

カテゴリー別