MENU
閉じる

研究活動 RESEARCH

ホーム > 日韓戦略協力対話

日韓戦略協力対話

第11回日韓戦略協力対話:Japan-ROK Strategic Cooperation Dialogue(2017年9月19日)

 

DSC_3126.JPG

 平和・安全保障研究所は、韓国国立外交研究院日本研究センターとの共催により、第11回日韓戦略協力対話を9月19日(火)に東京で開催しました。この戦略協力対話は、今回で11回目を数え、毎年、東京とソウルで会場を交互に、日韓関係、日米・米韓同盟、中国情勢、朝鮮半島情勢をそれぞれ専門とする有識者や実務家が非公開で協議します。今年は、北朝鮮の核・ミサイル開発による朝鮮半島の緊張が高まるなか、今後の外交・安全保障政策の課題とあり方について相互に率直な意見を出し合いました。

DSC_3104.JPGDSC_3123.JPG

 今年の会合では、特に、①北朝鮮外交と核の脅威、②中国のアジア外交、③トランプ外交とアジア④日韓関係の現在と未来、の4つのセッションに分け、両国の専門家・実務家が率直な意見を述べ合いました。

DSC_3069.JPG

 今回の会合では、以下の方が参加されました。
<日本側参加者 5名>
西原正(平和・安全保障研究所理事長)、伊豆見元(東京国際大学教授)、加藤洋一(アジア・パシフィックイニシアティブ研究主幹)、吉崎達彦(双日総合研究所チーフエコノミスト)、礒崎敦仁(慶應義塾大学准教授)。
<韓国側参加者 7名>
CHO Hee-yong(曺喜庸、日本研究センター所長)、JUN Bong-geun (田奉根、研究院教授)、JO Yangheon(曺良鉉、研究院教授)、MIN Jeong-hun(閔廷薰、研究院准教授)、LEE Sang-sook(李相淑、研究院研究教授)、PARK Myung-Hee(朴明姫、研究院研究教授)、KIM Mijung(金美妌、研究院研究員)(以上敬称略)
この他、外務省、防衛省、大使館からオブザーバー参加がありました。

 ※第11回日韓戦略協力対話は、第9回に引き続き、公益財団法人小笠原科学技術振興財団から助成を頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。

日韓戦略協力対話:Japan-ROK Strategic Cooperation Dialogue

【日 時】
2017年9月19日(火)

【場 所】

日本財団ビル

【第1セッション】

<テーマ> “North Korea, Nuclear Threats and Diplomacy”
<発表者>

日本側:礒崎 敦仁 氏(慶応義塾大学 准教授)

韓国側:Dr. JUN Bong-geun(田 奉根 氏 / 研究院 教授)

 

【第2セッション】

<テーマ> “China’s Diplomacy in Asia”
<発表者>

日本側:吉崎 達彦 氏(双日総合研究所 チーフエコノミスト)

韓国側:Dr. LEE Sang-sook(李 相淑 氏 / 研究院 研究教授)

【第3セッション】

<テーマ>”Trump’s Diplomacy and Asia”
<発表者>

日本側:加藤 洋一 氏(アジア・パシフィック・イニシアティブ 研究主幹)

韓国側:Dr. MIN Jeong-hun(閔 廷薰 氏 / 研究院 准教授)

【第4セッション】

<テーマ>”Japan-ROK Relations: Today and Tomorrow”
<発表者>

日本側:伊豆見 元 氏(東京国際大学 教授)

韓国側:Dr. JO Yanghyeon, (曺 良鉉 氏 / 研究院 教授)